ふとんと言いながらベッド派です。

大公開メモ、かつ自分の観察ノート

切ない

小林麻央さんの訃報がありました。

長い間、本当にお疲れ様でした。

ご家族の方もお疲れ様でした。

きっとご家族の支えにより、最期まで麻央さんらしく生きることが出来たのではないでしょうか。

最後のブログを拝読しましたが、笑顔で、画面越しに見るだけでは最期を感じさせませんでした。きっと、亡くなる時まで痛みや苦しみがあるにも関わらず、微笑んでらしたんだと思います。娘であり妹であり妻であり母親であること、そして麻央さん自身の心の強さが、そうさせたんだと思います。

残されたお子さんのことを考えると不憫でならないです。でも力強いお父さんも親族もいらっしゃるので、きっと乗り越えられると思います。

ご家族は悲しむ時間もないままに、この後しばらく過ごさなければならないです。そしていざ現実と向き合ったとき、悲しみに襲われると思います。生きている限り、きっと乗り越えられる、いや、乗り越えなければならいないことです。

 どうぞ安らかにお休みください。