ふとんと言いながらベッド派です。

大公開メモ、かつ自分の観察ノート

便利

今までPC利用時にマウスを使用していなかったのですが、年月が経つにつれて反応が鈍くなってきたため、使用していなかったBluetoothマウスを引っ張りだしてきました。

Bluetooth、便利ですわ。イヤホンもヘッドホンもスピーカーもBluetoothを使用していますが、無線になったことが本当に便利で。充電するのを忘れないようにしないといけないですけどね。

 

とってもモヤっとすることが長らくあって、頭の外に出したいので書きます。

ずばり男性の「仕事疲れた」「(仕事が)きつい」というメッセージに対する返信です。いわゆる恋仲でもなく、そういった感じでもなさそうで、ごく普通に親しい関係なので、近すぎるコメントは控えたい。そう、無難なコメントをしたい。ただ、お仕事がお仕事なので、おそらく追い詰められることは多々ありそう。ケアはした方が良さそう。

友人や家族でも何て返せばいいのか考えるのに、どうしたものか困る。

メッセージのやり取りでは、向こうがどういう状況なのかわからない。

死にたくなるほど厳しいのか、今の私のように頭の中から出すために何気なく送ってきたのか分からない。「頑張って」が地雷なのか、「頑張って」で元気になるのか分からない。

わからん。便りがないのが、良い便りだと思ってます。あ、でも本当に厳しいなら便りがないとマズイか。いやーでもま、放流。

私、ブログはダラダラかけるんですけど、連絡は要件がないと取らないタイプなので、本音が隠されてしまっていると分からなくなっちゃうんですよね。私みたいに言い回し一つで勝手に傷ついたり、考えすぎたりしないか心配で、無難なことしか言えないってのもあります。

 

この先は一般的な悩み相談や感情の吐露に対する自分のスタンスです。

相談とか感情の吐露だとかの扱いが難しいというか、対応であまり失敗したくない気持ちが強いです。下手したら、孤独に飲み込まれちゃうんじゃないかなって思うんです。というのも、私は基本的に人にプライベートな悩みは相談しないタイプなのですが、ここ数年で八方塞がりだと感じ、複数の女友達に悩みを相談しました。結局、親身になってもらえなかったというか、半ば投げやりな対応をされてガッカリしました。他人に期待した自分も悪いです。その経験をもとに、自分は相談や辛い気持ちの吐露に誠実に対応したいと思うようになりました。そう思うが故に考えすぎてしまうのかもしれません。

言葉も態度も雰囲気も難しいですけど、大切。

 

 

自分が結構なところまで落ちて、1人で立ち上がれるのは中々大変な時がありました。いまでも有りますけど笑。

なので、数ある知り合いから私を選んで相談してくれた人が、もし万が一底なし沼で苦しんでいるなら、抜ける手段を幾つか増やしたい。自分が見た目には悩みや辛さを出さないから、もしかしたら相手も同じように見た目とは裏腹に結構落ちているひとかもしれない、と思ってしまう。ここで手を差し伸べずに、この世から居なくなってしまって、もう2度と話せなくなってしまったら、嫌だ。後悔する。だから私は便利キャラになっていても、自分の余力と問題の深刻さを見極めて、手を差し伸べたい。

 

とはいえ常に謎キャラで交流が淡白な人間でツッコミが鋭い刃と言われているので相談されるなんて偶にある程度です笑笑

 

 

 ひとまず!これでモヤモヤが成仏しますように。

今は自分のことを第一に考えるべき 

広告を非表示にする