ふとんと言いながらベッド派です。

大公開メモ、かつ自分の観察ノート

はてなブログを始めてみて

はてなブログを始めてみて、うつ病になったことのある人が意外と多いんだなって思いました。発達障害よりも多い気がする。まぁ発達障害は様々でブログに興味を持たなければそれだけだな。あとはご家族のブログになるか、ですね。一方でうつ病の人は本人がブログで表出する傾向にあるんだな。我慢しすぎは良くないから表出するツールとしてのブログはよろしいと思うし、症状把握する日記は大切です。

とかいう私もうつ病にかかったことがある人です。定型うつ。重症化する前に病院でみてもらって、もう薬は飲んでない。自分としては治療済み。落ち込むことはあるけれども、自殺企図しないから大丈夫。したくなったら適当に周囲をごまかして状況によるけど可能な限り長く休む。うつになってある程度コントロールできるようになった人は、自分の限界や危険信号を把握していると思う。まあ詳しい話はよいので話を戻して、さすが心の風邪と言われるだけあって、よく治療中のブログを見かけます。診断がついて治療できて、いま生きていることは素晴らしいです。生きてること、本当に重要。って本人にも周りの人にも思ってほしいよね。そこそこ休んで、ある時が来たら、自分の足で歩み出す。歩み出さないと年取ったときに、後悔する。自分の精神的な足で歩けなくなっていることに。生きて、認知の歪みを修正して、生きやすくなればよい。認知の歪みって手強い。私は未だに戦っている。かなー。そう、すぐに解決できるものなんて、そうないさ。あれだよ、症状は十人十色なんだから、あくまでもブログは参考程度にするのさ。

自然にお腹空いたり、眠くなるのは、よろしい証拠、

ねむーい!ねよう。

 

おわり。