読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとんと言いながらベッド派です。

大公開メモ、かつ自分の観察ノート

まとまらない話

たった少しの、人生のうち短期間の我慢で新しい道がひらけるだろう。しかし我慢ができない。忍耐がないのだ。どんなに叱られても集団の前で恥を晒されても、それでも、どうしても出来ない(したくない)ことがあるのだ。具体的には言わないが、あることを続ける代償というか..代償というと聞こえが悪いが、あることを続けることと引き換えに許可されなければ実行不可な条件みたいなものがある。何様だよ。幼い頃から、頑固、そう言われてきた。そりゃ孤立するわ。一時は発達障害精神疾患を疑った。でも該当しなさそう。自分でも自分が不思議なのだ。

 

性格とdisorder 、疾患は関連深い。

性格が悪い、親の育て方が悪い、だらしないだけ、などと幾つもの時代で貶されていたことも、科学的な要因、原因、理由が究明されてきている。究明されているのか、理不尽なことを受容するための便利なツールを探しているのか、万人が生きやすい社会のルールのようなものを作っているのかは分からない。(とはいえその理論なり定義なりを活用できている人は、専門家と言われる人でも一握りだと思う。「あープシコね」で片付ける人たちは多い。自分の異常性を把握し売りとし楽しむ人については擁護しないが。)いや、いずれも可能性がある。答えは一つとは限らないし、答えがあるとも限らない。答えなどないこの世の中を、人間が都合よく解釈するための不確かな指標が溢れ、理不尽が生じていることは把握しておくべきだ。この世にも何処にも正しい答えなどないかもしれない。とはいえ、探求することは悪ではない。人間は立派な脳を持っているのだから有益に使う方がよろしいと思う。思索は楽しい。

ここまで書き進めて思う、ああ自分の行動を正当化したいのだなと。自己中心的な人物であることは認める。

私のように何でもかんでも率直に表現する人間は煙たがられ、時に危険人物として扱われる。でも私は、意図的に何も表現せずに体内というか脳内、意識のうちに猛獣を飼っている人間の方が真の脅威だと思うのだ。

 

ちょっとよく分からなくなってきたぞ。笑

ねよう。