読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとんと言いながらベッド派です。

大公開メモ、かつ自分の観察ノート

気づいてみたら早かった

前の記事を、自分には覚悟がないというオチで終わらせてみた。その後じわじわ「確かに」と感じている。笑える。覚悟しているように見えて覚悟していなかったから、今こうなっているのか。なるほど。

覚悟がないからイヤイヤ期に入っていたのか。覚悟か。

 

デジタル大辞林より以下引用

『かく‐ご【覚悟】

[名](スル)
1 危険なこと、不利なこと、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすること。「苦労は覚悟のうえだ」「断られるのは覚悟している」
2 仏語。迷いを脱し、真理を悟ること。
3 きたるべきつらい事態を避けられないものとして、あきらめること。観念すること。「もうこれまでだ、と覚悟する」
4 覚えること。記憶すること。
「時にあたりて本歌を―す」〈徒然・二三八〉
5 知ること。存知。
「郎従小庭に伺候の由、全く―仕らず」〈平家・一〉』(引用ここまで)(https://kotobank.jp/word/覚悟-460185)

 

 

3ですね。観念すること。

覚悟するって難しいし、覚悟できたと判断することも難しいと思った。思い返せば我が人生、覚悟とは無縁だった。いつも「まぁこれでよくない?なんとかなるっしょ!」という軽いノリでやってきた。恥ずかしいっすね。笑える。

 

覚悟するには?このキーワードで検索してもどうしようもなかった。笑きっと一般化できないのだろうよ。

もう観念しよ!観念!やるしかないよ!

諦めよう、だらけた生活!起こること全部自分のせいだよ、観念なさい、みたいな?

覚悟のイメージとしてはすべての責任を負う心構えをすることだと思っていた。あ、1か。心構えができたって自分では判断しにくい。ああよく分からない。こんなこと言ってるうちは覚悟できないんだって、覚悟でぐぐって出てくる最初のサイトにそんなこと書いてあったよ!

 

覚悟と私の軽ノリスタートの本質的な違いがわからない、ゴールが同じなら同じじゃないの?が本音。

はい考えすぎー!強制シャットダウン!!

 あした命の母ホワイト買おう!