読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとんと言いながらベッド派です。

大公開メモ、かつ自分の観察ノート

グリーン

 

もうすっかり6人が定着したflowerの新曲

『MOON JELLYFISH

『とても深いグリーン』

MOON JELLYFISH(初回生産限定盤)(DVD付)

MOON JELLYFISH(初回生産限定盤)(DVD付)

 

若い女性に向けた歌詞なので、歌詞に完全に感情移入することはできないのですが、

ボーカルの鷲尾さんの声が心地よく感じるので、flowerさんの楽曲はチェックしてます。

切ないけど、ここまで前向きになれる曲は『Blue sky blue』ぶり?『瞳の中のミルキーウェイ』は少し違う感じがする。『Blue sky blue』は爽やかで前向きな歌詞なので、聞き終わった後もスッキリしているので好きですね。バラードも好きなのですが、MVが無いと気疲れしてしまって聴き続けられないのが本音です。

 

カップリング曲の『とても深いグリーン』。まさに、20代前半女性向きの歌詞だと思うのですが、メロディーと鷲尾さんの声がとっても素敵 で、ついつい聴き入ってしまいます。

朝まで彼女の家でカップルが話こむなんて、若いわーと一歩下がって距離をとるけれども、鷲尾さんの歌唱力で1歩どころか2歩以上引き寄せられます。

これもダンスがつくといいですね。ライブで観たい。

やっぱりflowerはバラード。本人らもバラードで踊るグループを意識しているそうです。結構初期のも好きなんですよね。『Still』とか『SAKURAリグレット』とか。『太陽と向日葵』は小竹正人さんの作詞なので当然好きです。ベスト盤には録り直しが入っており、鷲尾さんの歌唱力の成長を耳で実感できます。

 

かつて、三代目J soul Brothersもバラードこそ強い時期がありましたが、flowerが今後どのような路線に挑戦するか楽しみです。

もっと彼女らが大人になったら、どんな歌を歌うのか。JUJUさん系列に行きそうだけれども、彼女らのカラーが出ることを祈ってます。