読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ふとんと言いながらベッド派です。

大公開メモ、かつ自分の観察ノート

考えても無駄なことを考えてしまう

ごく稀に悩みを友人に相談することがある。

 

直近の返答は

「それ、悩む意味なくね?暇なの?」

だ。だいたい前半までは言われる。後半は今回初めて言われた。まさか自分が言われるとは思ってなかったので、笑ってしまった。暇か。そうか。

 

悩んでも答えが出ないこと、他者からすると悩む意味のないこと、を、永遠と悩んだり考えたりする人間なので....「ごめんなさいね、暇で。」って返した。

 

 

 

無駄に悩まず、ひたすら実行できる人は尊敬するし、うらやましい。

 

 

 

悩んでも答えが出ないこと。

例えば、なぜ人は生きているか。

なぜ人は悩むのか。

自分とは何か。

命は個人の所有物か。

今頑張る意味は?

いつまで頑張り続けるの?

人生の未来予想図のようなもの(笑)

とか考える。

命の所有については倫理的な面だけでなく、仏教的には「私」という考えがダメで、命は私のものではない。いつまで頑張るかといえば、キリスト教はものによるけど、神から与えられた職業を全うするとか、天に召されるまでとか。

答えなんか出てこない。

外国の歌を聴いても、自分の悩んでいることが歌詞として歌われているし、むかしの歌だってそうだ。話はそれるが百人一首と現代のラブソング、言ってること、割と同じな気がする。

 

みんな悩んでいる。

なぜ私は実行できずに悩んでしまうのか。

おかしーだろー?というのが本音。

 

 

口が滑って考えが漏れたとき、中二病って言わた。もう一生中二病かもしれない...こわ...。

 

気をぬくと、悩みや悩みに対する考えが、今していることに対する思考回路を支配しようとしてくる。

仕事がひと段落すると、ふと、今日の夜ご飯なにしよっかな、とか、トイレットペーパー無くなりそうだから帰りに買って帰らなきゃ、と思いつくようなノリで、急に思考回路に割り込み乗車してくる。

しかもタチが悪いことに、悩みに答え、つまり終着点がないため、割り込み乗車からの、乗っ取り運転をしてくる。笑

 

悩みや思考に支配されないためには、目の前の事柄に集中してなければ不可能なんだが'...。

 

暇かぁ。暇なんだろうなぁ。

 

直近で支配されなかったのは、名探偵コナンの映画を思いつきで観に行ったときかなぁ。

劇場版名探偵コナンから紅のラブレター。よかった。話もいいけど映像も綺麗。一週間どっぷりはまった。飽きるまでハマった。前述で百人一首を話題に出したのは、コナンを見たから。笑

ハマりすぎて「危険だ!3次元に戻らねば!」となったので、こんな高校生いないっしょ、てかアニメで非現実的でありかつ高校生のラブストーリーにはまる大人って、なんだかなぁ間抜けじゃないか?と思って抜け出すようにした。

興味があることにはどっぷりつかることが出来るのですけどね。

どっぷり浸かれること、ないな。

京都すんでみたいなぁ、とか引きずっていることはあるけどね。

 

まぁこんな感じで、寝る前も結局思考回路強奪事件が起こるので、睡眠時間は4時間でいい方になった。

暇なのかなぁ。

暇なんだろうな。

現実逃避って言われちゃうんだろうな。

今を生きてないって言われちゃうんだよな。

現実って逃げたくなるぐらい残酷なことばかりだと思うんだけど。

でも残酷だなんていうのは、「感謝の気持ちが足りないから、苦しいと思うのです。」と言われてしまうし。

悩みの無限ループ。

断ち切ることができるのは疲労感のみ。

 

 

理想の自分像とは現実は程遠く、年齢的にも理想についていけなくなりつつあるfutonなのであった。

 

 

あーベッドをダブルにしたいなぁ。

どんな寝方しても自由な気がして。笑